フォトの基本原理と種類

subpage01

英語の書かれたものと言う意味のフォトグラフを略したもので、日本では写真という意味があり、カメラによって静止画を撮影したものです。


基本的な原理としてレンズやカメラなどの機器を用いて屈折や遮光等の光の操作を行うことで特定の波長に光に反応する物質に照射します。



これにより物質が感光し画像を得ることが出来ます。

そして再び光に当てることでフォトを鑑賞することが可能となります。



また種類としてフィルムやカラー、デジタルなどが挙げられます。フィルムによるフォトはバライタ印画紙やインクジェットプリンター用紙などのコットンを素材とした用紙を使うものです。

色合いや風合いなどは様々です。
近年ではプリンターの高性能化に伴い、デジタルによるモノクロームプリントが増えている傾向にあります。

またカラーのフォトは、その名の通り色がついたものを指します。

1980年代に開発された技術で、現在ではより美しく繊細な色合いの再現が可能となってきています。



そしてデジタルによるフォトです。
カメラなどで撮影した後、電子機器を用いて画像をデジタルデータとして保存します。
これによりパソコンを利用することで画像を編集したり、画像を確認次第、その場ですぐに消去することも可能です。
また技術の進歩により、カメラから直接プリンタやテレビに接続することで印刷や画像を画面に映し出すことが出来ます。
画素数も増えており、非常に高画質のものも実現している。